« 大川周明 「日本二千六百年史」と仏教 | トップページ

2018年11月24日 (土)

楽になります なる仏教する仏教  どんな本か 

内容は、仏教ってどんなものなのかを、わかりやすく説明します。

絵本のようなお話も、数話入れましたので、読み聞かせもできます。子供のときに知っておけば、一生役に立つ話です。

なる仏教というのは、自分が仏のような心になるということです。する仏教というのは、自分ですることの見本を書きました。修行なのですが、楽にたのしくできることを提案しました。働いていて毎日いそがしい人でも、お金をかけないでも、できることがあります。

ほぼ全ページに絵をつけました。字も大きくしましたので、子供、年寄りでも読みやすいです。仏教独自の漢字も当然多いですが、そのかわりルビをつけました。

|

« 大川周明 「日本二千六百年史」と仏教 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120924/67414636

この記事へのトラックバック一覧です: 楽になります なる仏教する仏教  どんな本か :

« 大川周明 「日本二千六百年史」と仏教 | トップページ