« 2012年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2012年4月13日 (金)

法然上人

    法然上人は、天台宗の比叡山で、難しい天台教学を学ばれましたが、お寺の中で出世して、えらいお坊さんといわれたい、などとは思わない人でした。
 知恵第一といわれたほど優れた人でしたが、お釈迦様の教えである仏教を、もっと広く深く勉強するために、のちに比叡山を下りました。
 法然上人は、平清盛より年下で、鎌倉幕府を開いた源頼朝より年上でした。
 平安時代の終わりごろ、源平の争いがつづいた時代です。地獄のような世の中を見て、仏教によって人々を救うことを願いました。 お釈迦様がインドで説かれた仏教の教えも、何百年ものあいだに、多くの弟子たちがいろんなことを考えてきましたので、中国においても、いろんなちがう教えに別れてしまっていました。
 日本の中でも法相宗や真言宗や天台宗などの宗派に別れていました。
 法然上人が生まれる百五十年くらい前に、源信が『往生要集』を書いています。
 おそろしい地獄のようすを、くわしく書いてあることで知られていますが、念仏によって極楽浄土に往生しましょうという浄土教の教えを書いてある本です。
 このように日本でも浄土思想は広まっていましたが、法然上人は、さらに中国の浄土教を研究しなおしました。
 曇鸞、道綽、善導などの浄土宗のえらいお坊さんたちの教えがありましたが、中でも善導大師の書かれた『観無量寿経疏』を読んで心をうたれて、日本でも浄土宗の教えを広めようと決心なさったのです。
 そして、いっぱいあるお経の中から、『観無量寿経』『無量寿経』『阿弥陀経』の三つを選んで、これを読むのがいいとおっしゃいました。
 けれども、今でもお経をすらすら読めて、その意味がわかる人は、とても少ないです。その上、そのころは字を読めない人も多かったのです。
 そこで、善導大師にならって、だれでも楽にできることで、みんなが救われるという方法をすすめたのです。
 それが、阿弥陀様の名を称える念仏という方法です。念仏をすることで、だれもが浄土へ行けるのです。
 浄土とは、阿弥陀様がおられる極楽浄土のことです。
 地獄のようなこの世で、わたしたち人間はいろんな悩みをかかえて苦しんでいます。泣いたり怒ったり、つい悪いことをしてしまったり、ひとをきずつけてしまったり、自分もひどい目にあったりしています。
 そんなわたしたちを、阿弥陀様が救ってくださるというのです。心が楽になるのです。 だれでも苦しいときには、心を楽にしてもらえるのなら、なんでもしたいと思います。 お寺にお金をたくさんもっていくとか、難しいお経を読んで勉強するとか、ねないで山の中を走りまわるとか、じーっとすわって動かないでいるとか。
 でも、そんなことができますか?できる人もいますが、毎日いそがしくはたらいて生活しているふつうの人には、そんなひまも、根性もありません。        
 びんぼうな人でも、弱い人でも、どんな人でもできること、それが念仏です。
 それまでは念仏といっても、極楽のようすや阿弥陀様の姿を思い描くという、観想念仏がはやっていました。お坊さんや貴族など、良く勉強ができる人ならできますが、ふつうの人にはなかなか難しくてできません。 
 そこで法然上人がすすめたのは、ただ「なむあみだぶつ」と口でとなえることだけだったのです。
「そんなことでいいのなら、だれにでもできるよ」と、みんなが安心しました。
 これを称名念仏といいます。
 念仏をすると、なぜ、だれもが救われるのかというと、阿弥陀様のことが『無量寿経』というお経に書いてあるのです。
 阿弥陀様は、西の方の遠いところにある極楽浄土におられる仏様です。
 その阿弥陀様が、「南無阿弥陀仏」と私の名前を称えた人は、必ず救いますとおっしゃっているのです。これを阿弥陀如来の本願といいます。
 わたしたちを、だれでも、救ってくださるという阿弥陀様がいます。
 救っていただくためには、「なむあみだぶつ」と口でいうだけでいいのです。
 法然上人は、この簡単なやり方を、みんなにすすめたのです。多くの人がよろこびました。「なむあみだぶつ」「なむあみだぶつ」という声が日本中に広がったのです。
「なむあみだぶつ」と口にすればいいのです。

●この文も浄土宗の専門課程で書いたものです。私の家は浄土真宗で、子供のころから法事で阿弥陀経をきいていたり、親鸞聖人のことを耳にはしていました。今回、浄土宗を学んで、同じ浄土門でも宗派によってこれほどちがうのかとびっくりしました。真宗では法然上人の名を聞くことはありません。七高僧の本師源空としてあるだけで、説明もありませんので、檀家の人も法然上人のことは知りません。これではだめです。「法然と親鸞の信仰」倉田百三著は文庫本(講談社学術文庫)で手にはいります。 

念仏とはなにか、日本人なら当然知っておかなければならないことでしょう。宗教とか信仰以前の常識的教養です。これも知らずに日本文化は語れません。死を教えないのと同様、学校では決して教えません。自分で学びましょう。                                                                                                                                                                                                                                                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

なむあみだぶつってなに?

  おばあちゃんが「なむあみだぶつ」と、つぶやいているのを見た子供が聞きました。
「なみやみだぶってなーに?おまじない?」 南無阿弥陀仏ってなに?と聞かれて、大人はきちんと答えられるでしょうか?
 辞書の大辞林で『南無阿弥陀仏』をひいてみると、こう書いてあります。
『阿弥陀仏に帰依するの意。浄土宗などでは、それを唱えることによって阿弥陀仏の浄土に救済されるとする。弥陀の名号。六字の名号。なむあみだ。』
 岩波仏教辞典では、もうすこし詳しい。
『(南無)はサンスクリット語namo(わたくしは帰依します)の音写語であり、(阿弥陀仏)は仏典にこの仏を(無量の光明の仏)とも記すうち、サンスクリット語amita(無量の)を出して略称したといわれる。阿弥陀仏はわが名号を称える者を浄土に往生せしめると本願に誓い、衆生の積むべき往生行の功徳のすべてを代わって完成して、これを名号に収めて衆生に廻施している。この意味を善導は、(帰命)の二字と(阿弥陀仏)の四字、合わせて六字に関する釈義で明らかにしている。親鸞はこれをうけ、(南無阿弥陀仏)は衆生が浄土に往生する因であるから、名号のいわれである「まかせよ、必ず救うの仏の呼び声」を問信すべきであるという。親鸞は名号を本尊とし、六字のほかに九字、十字の名号を書いている。ちなみに、かれは(南無)を(なも)と発音している。「あなかしこといふ終わりの言やはあるべき。南無阿弥陀仏とこそ申さめ』
 日本で浄土教をうちたてたのが法然上人でであり、法然上人を宗祖とする浄土宗が今日まで続いています。
 南無阿弥陀仏、念仏を知るために、法然上人の『選択本願念仏集』を読みましょう。
 その一には「道綽禅師、聖道・浄土の二門を立てて、しかも聖道を捨てて正しく浄土に帰するの文」とあります。
 仏教を聖道門と浄土門の二つに分けています。聖道門は難しくて、きびしい修行をして自分の力で悟りを開くものです。
 浄土門は仏様の力によって極楽浄土に行くことができるやさしい行です。
 だから法然上人は、だれでもが救われる浄土門のほうを選びました。
 その二には、「善導和尚、正雑二行を立てて、雑行を捨てて正行に帰するの文」
 法然上人は中国の善導大師の『観無量寿経疏』に書いてあることに賛同し、「偏へに善導一師に依る」といわれました。
 極楽浄土へ行くための行を、正行と雑行のふたつに分けました。
 正行は五つあります。
①観無量寿経・阿弥陀経・無量寿経を読む。②阿弥陀仏と極楽浄土の美しさを思い描く。③阿弥陀仏を拝む。
④阿弥陀仏の名を称える。
⑤阿弥陀仏をほめたたえて供養する。
 この五つの正行のうちから、④の阿弥陀仏の名を称える、称名念仏を選んで正定業としました。そのほかの四つは助業としました。 阿弥陀仏の名を称える称名念仏を一番大事なこととして、とにかく「南無阿弥陀仏」と念仏を称えることをすすめました。
 その三には、「弥陀如来、余行をもって往生の本願としたまわず、ただ念仏をもって往生の本願としたまえるの文」        ここでは阿弥陀如来が主語になります。このあと、わたしたちが念仏をすると、どうして極楽往生できるのか、ということを説明していきます。              『無量寿経』に、阿弥陀様が如来になる前、法蔵菩薩という名前で修行をしていたときのことが書かれています。
 法蔵菩薩が四十八の願いを立てました。その願いがかなわなかったら阿弥陀如来にはなりません、という願いなのですが、もう阿弥陀如来になっているので、その願いはかなったということになるのです。
 その願いのうちの第十八番を特別に良いものと考えたのが浄土教です。
 善導大師は『往生礼賛』には第十八願をこう書いています。
「もし我成仏せんに、十方の衆生、我が名号を称すること、下十声に至るまで、もし生ぜずんば正覚を取らじ」
 さらに「彼の仏、今現に世に在して成仏したまえり。まさに知るべし。本誓の重願虚しからず、衆生称念すれば必ず往生することを得」とつづけています。
 法然上人は、源信の『往生要集』からも引いて、念仏のありがたさを説明しています。 難しい修行をできる人は少ない。仏像を作るのも金持ちしかできない。けれども、「なむあみだぶつ」と念仏を称えることなら、貧しい人でもできます。お金もかからず、いつでも、だれでもできる、とても良い方法だということです。
 法然上人は、みんなが救われてほしいという願いから、念仏を称えるという簡単なやり方を見つけ出して、みんなにすすめたということです。
 亡くなる前に『一枚起請文』という一枚の紙に、念仏の極意を、みんなのために書きました。くどいほど同じことを、ていねいに分かりやすく伝えようとされています。 

最近、浄土宗の専門課程で書いた文です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2013年5月 »