« 仏になる 2 | トップページ | 仏教ブーム 良い悪い? »

2011年3月23日 (水)

正しく仏教を知ること

ここ数十年の間、日本だけが、公式の場では、教育においても、世界の中で異様に「宗教」というものを、避けてきた。「宗教」といったとたんに、思考停止する人が多い。

外国へいった人はそのことを意識させられるらしい。

いくら避けようとしても、人は、ある意味での「宗教」あるいは「物質ではなく心の問題」を避けては生きてはいけない。

民間では新興宗教は花盛りだし、正月の神社参拝も盛んだ。

精神を病む人も多い。明治以来西洋文明をひたすら取り入れてきたが、今は日本をじっと見つめなおす時だ。だが、教育された脳は、そう簡単に、立ち止まったり、方向転換をすることができない。インテリ、成績の良い人ほど、頑固に過去に得た知識にこだわる。

鎌倉時代に法然上人が「念仏」をすすめて、浄土宗として続いている。その弟子の親鸞聖人の教えは浄土真宗として続いている。宗教を避けようとする歴史の教科書では「一向宗」として、ちょろっと出るだけだ。

法然上人の遺言である「一枚起請文」は念仏をするときの心得をのべたものだが、現代人にも賛同できるところがある。

くどくどと、同じことを述べられているので、勝手に要約します。

「いくら学問をした人でも、文字も読めない無知な人のような心になって、小賢しいことは考えずに、ただひたすら、南無阿弥陀仏と唱える」ということです。

|

« 仏になる 2 | トップページ | 仏教ブーム 良い悪い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120924/51196818

この記事へのトラックバック一覧です: 正しく仏教を知ること:

« 仏になる 2 | トップページ | 仏教ブーム 良い悪い? »