« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月15日 (火)

いのり

私たちは「いのり」を忘れていた。「いのる」ことは、大昔から人々がしてきた、生きる上での大事なことですが、学校教育やマスコミなどで、「宗教に関わらない」方針がとられたために、世界的に見ても日本の盲点となっている。迷信として「いのり」を遠ざけてきた。

だが、医学や工学などが進歩して、脳の働き、心の働きがわかってくると、逆に、「どんなことがわからないのか?」ということがわかってくる。

医学的には証明できないけれども、だれもが感じる、経験する不思議なことがある。宗教人や芸術家は、そこを担当するひとだ。今はテレビなどで、幽霊のたたりなどをいったりするが、親鸞上人はその点を厳しく否定している。インチキも多いが、そこには真実もあるとしかいいようがない。いのりは、仏教でいう縁起の考えから見て、有効なものではないかと思える。まだ勉強中ですが。そのために、実際に、真剣に「いのる」ことをやってみる価値はあるでしょう。

昔は「天知る 地知る 我知る」ということを日常的に言われました。精神世界がつながっているとするなら、いのりが有効になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分の心

自分の心を安定させ、強くすることによって、幸せになる。仏教はそのことのためにあるように思います。 

生きている人はだれでも、いやな目にあいます。心配ごとが次々とおそってきます。そんなときに冷静に対処していく力をつけていくことが大事です。学校での勉強もそのためにするのではないか。

例えば人に悪口をいわれたときに、人は体が熱くなって、頭にきます。しかし、修行をして「人間ができている」状態になれば、体が熱くなったり、表情が変わったりはしません。

子供でも、そういう人間になることを望んでいるのではないでしょうか。残念ながら、いまの教育では、いわゆる知育偏重で、そのあたりの心の教育は弱いです。仏教にかぎらず、宗教がその方面のことをやってきたのですが、誤解されているようです。

まず死、自分の死を見すえておくことが、今を、今後をよく生きるために、役立ちます。昔から「死んだつもりになって」と、いわれているとおりです。死んだつもりになっていれば、人に悪口をいわれても平気なはずです。なかなか難しいですが、そう思うだけでも少しは楽になります。

昔から年寄りのひとが、何かあるたびに浄土門の人なら「なむあみだぶつ」と唱えるのは、それが実際効果があるからでしょう。キリスト教徒でもそうです。現代の日本人は歴史的な経過によって、ここが弱い状況にありましたが、今変化しつつあると感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年1月 »