« たのしい仏教は無料です | トップページ | する仏教 »

2008年9月 4日 (木)

自分をたよりにする

原始仏教で釈尊がいわれたことの一つに「自分をたよりにしなさい」ということばがあります。

フロイトが精神分析をするとき、他人の頭を解剖してもだめです。自分の心を観察することから、他人の心を推測します。哲学、心理学も同じ。

かっとなったとき、その怒っている自分を観察するもうひとりの自分がいます。その冷静な自分を育てるのがいいでしょう。怒りっぽいひとは、心がけるといいです。生きる知恵です。

具体例はひと昔まえに、はれぶたシリーズの「ぼくへそまでまんが」の後書きに書きました。そのころは子供には「自分の人生では自分が主人公」というメッセージを出したりしていましたが、いま釈尊の教えを学ぶと、さらに深まります。

お寺さんでは「自灯明」という言葉で説明します。自分の光をたよりに暗闇を進め」ということですが、インドの原典では「灯火」ではなく「島」となっています。「洲」と書いた方がいいかもしれません。

川がはんらんして水に流される状況での身をおく「島」です。「自分自身を島とせよ。よりどころとしなさい」というのが釈尊の言葉です。

宗教嫌いのひとでも納得の教えでしょう。

釈尊をたよりにしていた弟子が、釈尊が亡くなるまえに、「私たちはなにをたよりに生きればいいのですか?」と質問したときの答えです。もうひとつ「法灯明」があります、今まで多くの説法をした、その法(教え)をたよりにしなさいという答えです。

|

« たのしい仏教は無料です | トップページ | する仏教 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120924/42376090

この記事へのトラックバック一覧です: 自分をたよりにする:

« たのしい仏教は無料です | トップページ | する仏教 »