« たのしい仏道 | トップページ | 心の問題 »

2008年4月17日 (木)

ほとけくらぶ

「ほとけくらぶ」は仏ファンクラブのようなものと思って下さい。

入会自由です。仏の世界と神社の日本の神々も含みます。日本では神仏習合で長く神と仏はいっしょくたになっていました。それを明治政府がむりやりに神仏分離、廃仏毀釈を行い、政教分離といいながら国家神道をまつりあげて、あの戦争へと突入していった。では戦後はまともになったかというと、ろくでもないことになった。

いまこそ、日本古来の神仏を振り返るときです。なにしろ学校では教えることができないので、私たちは全く無知でした。

神仏の世界はキャラも多い。神社やお寺をまわってみると、誰にでもわかるでしょう。道端には馬頭観音やお地蔵様もおられるし、日本中が神仏ランドです。その規模、その奥深さ、ディズニーランドなんて目じゃない。

よく見てみると、とても楽しい。とてもおもしろい。ためになる。こんな世界に心をひたしてみましょう。宗教とか、信心とかいうと、抵抗を示す人が多いが、それは誤った教育のせいですから、自分の考えとはいったいどういうふうに作られてきたのかをしるためにも、神仏の世界に遊ぶつもりで関心をよせてみましょう。

家が浄土真宗だったので、こどものころから、お寺にもまいったし、法事も何回となく参列しました。大人になってからも、葬儀へ参列することもおおくありました。お経を聞いてもわかりません。

しかし、自分で仏教の本を読んでみると、イメージがかわりました。特に、お釈迦様へ戻ってみると「えっ、仏教ってこんなのだったのか?」と驚かされます。すばらしいです。

「諸行無常」は「あらゆることが変化する」ということです。なにもかもが、時間とともにかわります。苦しいことがあっても、ずっと苦しいわけではないと、言っておきましょう。苦しみの原因も変わりますし、その影響もかわりますし、苦しいと感じる心もかわりますから同じ目にあっても、いつのまにか鈍くなっていたりします。

必要以上に苦しみをまともに受け取って、拡大して苦しみたがっている人が多いです。そういうのはたいした苦しみでもない。ばかばかしい。本当に苦しいときは、わらってしまえ。

とりえあず「般若心経」をおすすめします。

|

« たのしい仏道 | トップページ | 心の問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120924/40904791

この記事へのトラックバック一覧です: ほとけくらぶ:

« たのしい仏道 | トップページ | 心の問題 »