« 2007年9月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月20日 (木)

たのしい仏道

三越百貨店が大日如来像を競り落としたというニュースにはびっくり。また、事件でチベット仏教の映像がニュースで流れています。他では仏教がさかんなのは、タイ国。国王は仏教徒でなければならない決まりのようです。中国を通して伝わった大乗仏教が盛んなのは、この日本です。

お経の文句はチンプンカンプンと思ったらおおまちがいでした。意味があるし、おもしろい話になっているお経もあります。

葬式仏教という悪口がありますが、実は仏教は生きている者のためにあります。「四苦八苦」は仏教語です。生きていれば誰にも苦しみはある。その苦しみをなんとかしようというのが仏教です。

仏教こそ偉大なる世界遺産。本当の姿を正しく知りましょう。戦後の政教分離の呪文によって、学校では仏教をきちんと教えることができません。だから自分で勉強するしかないのです。

子供だって生きるのが苦しいときがあります。仏道が役にたつように願いたい。ほんとはとても仏道は楽しいのです。

これから楽しい仏の道を歩きますので、よろしく。なにがよろしくだか・・・まあ「南無阿弥陀仏」といっておけばいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

良い童謡ができました。

童謡協会の年刊童謡詩集「こどものうた2008」が出ました。私は「あおむし」という詩をのせました。これを見て会員の作曲家が連絡をしてくるという段取りになっているのです。

去年は「待てど暮らせど来ぬ電話」でしたが、今年は家に本の包みが届いて、ページをめくっている時に電話がかかってきました。作曲をやっていただくことに決まりました。9月20日の童謡祭新作展(こまばエミナースの予定)で歌われることになるでしょう。初めての発表ですから楽しみです。

昨年は「こどものうた2007」に「ぴかりこりん」「たぬきしっぽのうさぎさん」を掲載しましたが連絡がないので、自分で作曲しようとおもったら、作詩会員は作詞だけ、曲は会員の作曲家でなくては応募できないという決まりになっていましたので、ありゃりゃー。

幸い「たぬきしっぽのうさぎさん」はチャイルド社のゴールドに採用されました。(九月号の絵本)現在絵を自分で書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年4月 »