« あたらしい童謡 | トップページ | 合唱 »

2007年3月18日 (日)

童謡詩できますが

平成19年3月15日に童謡協会の第二回童謡詩研究会に参加。

「おやゆびちゃんたら」指の歌を皆さんに見ていただいた。新しい視点の指の歌であると認めていただいた。ただ、長すぎるという評をうけて、大いに反省、家に帰って、リフレインなど切り捨てて、四行詩に作りかえたら、我ながらよくなったと思います。

さて、詩はできたが、そのあとが問題。どう発表すればいいのかわからない。

子供の歌を作る現場におられるプロデューサー、キーマンがどなたなのかわからない。そういう方で詩をごらんになりたい方、ぜひご連絡下さい。

●日本童謡協会の年刊童謡詩集「こどものうた 2007」できました。

矢玉も「ぴかりこりん」と「たぬきしっぽのうさぎさん」の二編を掲載。

|

« あたらしい童謡 | トップページ | 合唱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120924/14304773

この記事へのトラックバック一覧です: 童謡詩できますが:

« あたらしい童謡 | トップページ | 合唱 »